未分類

スマホでクオリティの高い動画を撮影するための機材

投稿日:

YouTubeなどへ投稿するための動画は、専用の機材がないとできないと思っていませんか。たしかに、専用の機材を利用すればクオリティの高い動画を撮影できます。しかし、スマホでも機材をプラスすることで質の高い動画を撮影することが可能です。 ここでは、スマホでかっこよく撮影するために使いたい機材を紹介します。 ●手ぶれ防止にジンバル スマホで撮影するときに困ることの一つが手ぶれです。手ぶれを起こした動画では視聴者はわかりにくくなってしまいます。 手ぶれを防ぐための道具がジンバルです。 ジンバルとは、一つ軸を中心にして物体を回転させる台のことです。スマホに取り付けられるジンバルは、回転・左右・上下の3方向のブレを吸収して、手ぶれを防いでくれます。 小型なのでスマホに取り付けて移動しながらの撮影が可能です。 ●後付けレンズ スマホのカメラで撮影をするよりも、カメラを後付けするとより高度な撮影ができます。 遠くのものを撮影するには望遠レンズ、広い範囲を撮影するには広角レンズが向いています。花や昆虫など小さなものを撮影するときには、マイクロレンズが便利です。小さな物体もくっきりと映し出し、迫力のある映像を撮ることができます。 ●ライト ライトを使用すると光の色によっては、優しい雰囲気を出せたり、肌の色を美しく見せたりすることができます。 昼間の明るい時間帯はライトなしでも撮影が可能ですが、光の当たる方向によっては影ができてしまい、何を映し出しているのかわかりにくくなったり、印象が暗くなったりしてしまいます。このようなときにもライトがあると便利です。 白熱球、蛍光灯、LEDなどのライトがありますが、おすすめはLEDです。LEDは白熱球や蛍光灯に比べると高価ですが、寿命が長いので長期的に見ればお得でしょう。また、LEDは周りの状態にあわせて色を細かく調節できます。 スマホに取り付けられる小型のものが販売されています。 ●マイク 話している声、鳥の鳴き声、風の音など、音を取り入れるとリアリティのある映像になります。 スマホのマイクよりも外付けマイクを使った方が音を拾いやすくなります。 マイクにはスマホに取り付けるタイプのものや、自分の衣服などに取り付けるピンマイクなどがあります。自分の話す声を拾うならピンマイク、前方向からの音を拾うならスマホに取り付けるタイプがおすすめです。無指向性タイプのマイクは全方位の音を拾うことができます。

-未分類

Copyright© 主婦でも出来るスマホで稼ぐ副業術|株式会社SMB(山津博彰)の神馬万象 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.